中古×リノベにまつわるQ&A「中古物件って、本当に安心して暮らせるの?」

2020/08/06

中古×リノベにまつわるQ&A「中古物件って、本当に安心して暮らせるの?」

こんにちは!株式会社クレアホームの藤原です。

前回、中古物件を購入してリノベーションを行う“中古×リノベ”の魅力についてお伝えしました。(https://crea-home.co.jp/?p=2082

“中古×リノベ”は、「新築より価格をおさえながら、新築同様もしくはそれ以上の理想の住まいが手に入る」のが魅力です。

ですが、中古物件に対して多くのみなさまが懸念されるのが、その寿命や耐震性

当然のことながら、お手頃な中古物件はそれなりの築年数が経っています。

「耐震性は大丈夫なのか?」
「買ってから何年住めるのか?」

このようなご心配や不安の声をお聞きします。

たしかに、一般的な不動産会社から中古物件を購入する場合、その建物がどんな状況なのか事前に診断することはありません
中古物件の取引においては、雨漏りやシロアリによる腐食など明らかな瑕疵については売主に告知義務がありますが、「それ以外についてはわからない」というのが実情です。

これでは残念ながら、安心して暮らせるとは言い切れませんよね。

ここで、私たちクレアホームの出番です!

クレアホームには、住宅診断士(ホームインスペクター)が常駐しています。
何を隠そう、この私が住宅診断士です!

住宅診断士は、住宅の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックして、メンテナンスすべき箇所や時期などをアドバイスする専門家。「住宅のお医者さん」とも呼ばれています。

この住宅診断士である私が物件を事前にチェックし、本当に購入していい物件なのか?安心して暮らせる物件なのか?などをアドバイスさせていただきます。

「中古×リノベ」を検討されている場合は、必ず“中古物件の購入前に”当社へご相談ください。
物件のことはもちろん、お得なローンなどについてもご案内させていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fudousan Plugin Ver.5.2.4